スクラッチカードゲームについて知るべきこと

スクラッチカード

スクラッチカードゲームは、米国の宝くじで一番人気のバージョン。ですが、正確にはこれは何でしょう?勝利の確率が本当に増やせる?

スクラッチカードとは小さな紙のカード。不透明な材料で覆われていて、こすって隠れている情報を見るということは誰もが知っています。あなたが求めるこの情報は何?このカードは「インスタント宝くじ」とも呼ばれています。基本的には、スクラッチカードにある3つの同じ記号をなんとか見つけたならその記号のペイアウトを得たことになります。ある意味で、スロットゲームのようなものです。支払いが少ない記号もあれば、大金になるものもあります。各カードに億万長者になるチャンスがあるのです。それか、別のカードをこするチャンスが!

信じても信じなくても、スクラッチカードは比較的新しい発明で、どのカードでも製作元は1社だけです:Scientific Games Corporation (SGC)。1974年に同社は最初のコンピューター生成宝くじゲームの特許を取得しました (言い換えれば、スクラッチカードの数字/記号のランダム化・生成の特許を取得)。13年後の1987年に同社が世界初のスクラッチカードをリリースしました。そしてあっという間に人気となりました。カード1枚あたりの価格が安く、ペイアウトが高額だったので、すぐに勝つ機会がありました。そりゃあ、好きになりますよね?スクラッチカードは宝くじで一番人気のバージョンで、毎年人気は上がり続けています。他に興味深い事実がひとつ:何億獲得するとしても、「すぐに」支払わず、長年に渡って支払います。 (小さな印刷をいつも読みましょう。)

オンラインスクラッチカードゲームもあります。オンラインカジノで利用できるものです。ルールは同じ。マウスで本当にカードを「こする」のですが、コインではなく、乗数値で支払います。各記号には乗数値があって(例えば30倍)、同じ記号を3つ見つけることがあれば、合計ベットの30倍の支払を受け取ります。ロングランでは、オンラインスクラッチカードは、もっと儲かります。

では、皆さんが待っている質問を:毎回勝つ戦略を利用できますか?即答すれば「いいえ」です。そんなことはありません。ですが、勝利のチャンスを上げることはできます。まず、こするまえにいつもカードの裏をチェックします。法律では会社はカードに勝利の割合を印刷しなければなりません。例えば、1:5とか1:20とか。つまり、これは5枚または20枚ごとに勝者がいるということです。お分かりの通り、最低値のカードを選択すれば、賢い戦略です。覚えておくもうひとつのことは、本当に低価格のカードは避けましょう。はい、費用はないようなものですが、勝った時にもないも同然です。勝利の確率も低いのです。1ドルのスクラッチカードで最大2万5千ドル支払います。この賞金を手に入れる確率は140万分の1。逆に20ドルのスクラッチカードでは最大20万ドル支払いますが、確率は30万分の1です。そして、「ミリオン」カードも避けましょう。最大ペイアウトは何百万ドルですが、大金獲得の可能性は175万分の1です。